人流監視システム

このシステムは、建物の各出入口に設置することで、建物内の人数や人の流れをリアルタイムかつ高精度に把握する技術です。大規模施設の複数の出入口やフロアの動きをシームレスに監視し、得られた情報を一元管理することが可能です。既存のIPカメラとの簡単な統合により、追加の大きなコストや設備投資を抑えながら、システム導入が容易になっています。

開発背景

近年、大規模施設や大規模イベントでの安全管理と効率化が重要な課題となっています。特に、災害時の避難誘導や緊急事態時の迅速な対応が求められる中、施設内の人流の正確な把握が不可欠です。また、日常的な運営においても、人流データを基にした施設管理やビジネス最適化が求められています。これらのニーズに応えるため、当社は既存の監視インフラを活用しつつ、高度な人流管理システムの開発に着手しました。目的は、コスト効率良く、かつ迅速に施設全体のセキュリティと運営効率を向上させることでした。

システムの特徴

リアルタイム人流把握:
既存のカメラと高度な画像解析技術を組み合わせることで、リアルタイムで正確な人数と人の流れを把握します。これにより、日常の人流管理だけでなく、緊急時の対応にも迅速に情報を提供できます。

シームレスな監視と一元管理:
複数の出入口やフロアを跨ぐ広範囲な監視が可能で、これらのデータを一元的に管理するシステムです。これにより、施設全体の状況を一覧で把握し、適切な対応や計画を行うことができます。

既存システムとの互換性:
既存のIPカメラや監視システムに容易に統合できる設計が特徴です。これにより、新たな大規模な設備投資を必要とせずに、既存のインフラを最大限に活用しながらシステムを導入できます。
多目的利用:
緊急事態の対応だけでなく、ビジネスのデータ収集と最適化、施設の日常運営の効率化など、多様な用途で利用可能です。